熊本で平屋の間取り|子育てママが楽しくなる注文住宅


   年を追って上昇している65歳以上の高齢者人口が増える一方、子供の数が減少するとともに、高齢者だけで暮らしている世帯が増えています。
高齢者の単世帯が住む多くの方は、せっかくの2階建てにも関わらず寝食ともに1階で過ごしている。
また、子供部屋だった2階はそのままの状態だったり・・・荷物だれけになっている・・・などのケースが多く見られるようです。



その理由は・・・
①高齢になるにつれ、階段の昇降がつらいので2階自体にあまりいかない

②お掃除を1階だけですませたいため

③子供が置いていった荷物がそのままで未だに処分していない


などなど、お客様によって原因はさまざまです。

では、シニア層や高齢者世代が快適な老後を過ごす平屋住宅の住環境とはどのような間取りなのでしょう。


   現代の多くの家は2階建てですが、日本の住まいは元々古くから平屋建てがほどんどでした。
目の届きやすい間取りや、水回りもまとまっている合理的な平屋の動線は、大家族だった時代の家とは少し異なりますが、平屋で暮らす高齢者ご夫婦や単身の方が住みやすいコンパクトで動線がシンプルな間取りは、今の暮らしにもフィットする最先端の間取り住宅の形であると言えるかもしれません。


平屋間取り小冊子プレゼント