熊本で平屋の間取り|子育てママが楽しくなる注文住宅


将来を見据えた動線の少ない間取り
収納や採光に優れた暮らしやすい平屋


外観

外観

勾配天井が特徴的なモダンデザインの外観。
一部の縦ストライプがアクセントになり、シックな雰囲気です。

スリット窓を採用することで洗練されたイメージに仕上がり、デザイン性が高いです。

縦すべり出し窓は通気性がよく、採光も考えた設計です。

駐車スペースには水道が取り付けられているため、洗車もしやすいですね。




玄関

控えめな木目がおしゃれな、ウッド調の玄関ドア。
ベージュとダークブラウンの色味が好一対となっていて美しいです。
バーハンドルのドアを採用し、従来のレバーハンドルよりも少ない力で開けやすく、濡れた手でも開けやすくなっています。



玄関

玄関にはたくさんの収納スペースを設けたため、すっきりと使えます。
小物やアクセサリーも置くことができるため、お好みの雰囲気にアレンジしたりと、暮らしに彩りを添えられます。
全身鏡で、お出かけ前には自分の最終チェックができ、とても便利です。




廊下

キッチンまで一直線に伸びた廊下です。
ドアやドア枠がダークブラウンなので、外観の色味との統一感があります。
お買い物から帰ってきた後など、重いものを持ちながらの移動が最小限になるよう工夫しています。

この廊下には収納スペースを設けているので、通路に物が溢れてしまうことがありません。




リビング
リビング

広くつくられたリビング。
二つの大きな窓によって、部屋全体に光が溢れます。
白のクロスと暗めのカーテンによるコントラストですっきりと感じます。
広いリビングはお子さまの遊び場にするにも十分なスペースを確保。
遊び盛りのお子さまでも満足するような、開放感あふれる空間となりました。




ダイニング

対面式のオープンキッチンです。
お子さまが過ごすリビングを、手が空かないお料理中でも見守ることができます。
キッチンカウンターも設けており、テーブルへの配膳のしやすさを考えました。



キッチン
キッチン

キッチンのすぐ横には勝手口を設けました。
お料理中に出たゴミなどはここから捨てることができるため、掃除もしやすいです。

キッチン上部に取り付けられたペンダントライトはシンプルでオシャレな雰囲気を醸し出しています。




寝室

統一感のある各部屋とは違った個性の光るお部屋です。
壁一面をピンクの壁紙にすることで、やわらかく可愛らしい雰囲気になりました。
カーテンの色と巾木の色を合わせた、まとまりのある空間です。




子供部屋

子供部屋の壁にも淡いピンクを取り入れ、安らぎをイメージしました。
また、白のカーテンと巾木を白で統一したため、清潔感や広さを感じることができます。




ウッドデッキ

屋根付きのウッドデッキです。
リビングの床からウッドデッキまで続いているため、広く感じることができます。
物干し竿を常設しており、洗濯もラクラクです。

屋根を設置したため、雨のときでも作業がしやすく、紫外線対策にもなります。
屋根によって採光を妨げることが無いよう、クリア素材を使い仕上げました。








◆ 家づくりを始める前には、どのようなお悩みがありましたか?

以前は、築40年程の借家に住んでいました。やはりその位の築年数の家ですと冷暖房の効率も悪く光熱費はかなり掛かっていました。また今後子供の成長を考えるとやはり子供部屋は必要だな、と感じていました。また、階段が子供達にとって危険な気もしていました。



◆ どこでジャストホームを知りましたか?

友人がジャストホームで建築をしていたので、紹介をしてもらいました。
実はそれまでに展示場をいくつか回ったのですが、しっくりくる工務店さんやメーカーさんが有りませんでした


◆ジャストホームを知って(見学等をして)すぐに決めようと思いましたか?

そうですね。いくつも建築会社さんを回って、ある時夫婦で「どの会社が良かったか」を同時に言ってみよう!ということになったんです。結果は夫婦二人ともジャストホームさんでした。ジャストホームさんは非常にバランスが取れているように感じました。ハウスメーカーさんですと展示場を見に行っても、実際のイメージは涌かないしオプションとかで一体幾らになるのかが全く分かりませんでした。ジャストホームさんの場合には、「この坪数だったらこの位」と分かりやすかったですし、プランも私達にあっていると思いました。とはいえ、「何でこんなに安くなるんだろう」という疑問がなかった訳ではありません。でも担当の営業の方が、きちんとその安さの理由を説明してくれました。その説明を聞いて、「決して安かろう悪かろう」の家ではない、ということが確信できました。


◆ 最終的にジャストホームに決めた理由はなんですか?

知り合いの大工さんが「あそこはいいよ」と言っていたのと、選択肢の多さですね。
プランや仕様が限られていますが、私達にはむしろ標準プランからの変更に関してわがままを聞いてくれる所や仕様も複数の中から選ぶだけ、という手軽さがフィットしていたように感じました。
ジャストホームさんは、自由設計でゼロから考えたい人ではなくて、「こんな坪数でこんなイメージ」というのが固まっている人がそのイメージに近い標準プランを探し、それを自分好みに微修正していくのが良いと考える人にぴったりなんだと思います。


◆ 家づくりをする上で重視したポイントや、こだわったポイントはありますか?

リビングと寝室を近くにしました。ここが終の住処だとすれば、いつか私達が高齢になった時にできる限り動線はすくない方が良いですよね。またリビング脇の和室をリビングに変更しましたが、この変更でリビングがとても広く感じられます。他にも幾つか壁を動かして収納を沢山作ることができました。


◆ 現在、住みはじめていかがですか?

もう「良い」の一言ですね。
住んでみて改めて「平屋にして良かった」と感じるところが沢山あります。
引越して来て、体調を崩してしまった時に、「平屋って楽だなあ」と実感しました。


平屋間取り小冊子プレゼント