熊本で平屋の間取りで子育てママが楽しくなる注文住宅


家を建てる時、どうしても西側の部屋というものはできてしまいます。
マンションやアパートの間取りでも、西日が当たる西側の部屋って東側よりも値段が安いですよね?

西日は冬は暖かく心地いのですが、夏場は部屋のエアコンの効きが悪くなって電気代が上がったり、畳やフローリングが傷んだりする原因にもなります。

熊本の強い西日を軽減させるためには、どのような対策ができるでしょうか


?Low-E複層ガラスにする



現在の住宅は、窓一枚当たり2枚のガラスが付いている、「複層ガラス」や「ペアガラス」と呼ばれる窓が主流となっています。
この二枚のガラスの中にある空気の層で、室内と屋外の空気を遮断し、断熱性能を高めています。

その中でもLow-E複層ガラスとは、室内の暖かさや涼しさを室外に逃がさない断熱性を持ちながら、太陽の日射や照り返しなどの熱の流入を遮断することができる窓なんです。




?すだれやグリーンカーテンを付ける



窓の外側にすだれやグリーンカーテンを付けることによって、おしゃれに夏らしさを演出する事もできます。
グリーンカーテンとしてのおススメは「つる性」の植物で、アサガオ、ヘチマ、きゅうり、ゴーヤーなどがあります。




?遮光カーテンを付ける



家具屋さんに行くと、太陽熱をカットする遮熱カーテンも売ってあります。
普通のカーテンよりも値段はやや高めになりますが、長い目で見るとエアコン代やフローリングや畳のメンテナンス代を節約できますのでオススメです。


皆さんもお試しください!




20坪、30坪のプラン集をプレゼントしています。

平屋住宅に関するご相談はありませんか。
平屋間取り小冊子プレゼント