平屋の注文住宅を適正価格で建てる|子育てママが楽な間取り:熊本


平屋住宅を建てる時は、各部屋の配置は家の外側にくることがほとんどです。なぜなら、部屋に窓を付けて自然の光を取り込めるようにするため。

そしてこの時に注意しなくてはいけないのは、玄関ホールや廊下などの採光計画です。


間取りによって採光が難しくなる



もし玄関が家の角に配置される時は、ホールに採光窓を取り付け、自然の光を家の中に取り入れることができます。

しかし下の間取りのように家の中央部分に配置される場合は、採光窓が取れないため一日中電気を付けていなければホールが暗くなる…なんてことになってしまいます。




また、廊下を作る場合にもどうしても家の内側になりがちなので、自然の光が入らず暗くなってしまいます。

そんな採光の解決策として、玄関ドアや室内建具に窓を付けて、明るい光を廊下や玄関に取り込む方法があります。



玄関ドアの採光計画



玄関ドアは、閉めていても外からの光を玄関内に取り込めるように、すりガラス窓のついたタイプがオススメ。
夜は、玄関の電気を付けておけば外に光が漏れるようになりますので、防犯対策としても役立ちます。


室内建具の採光計画



部屋と廊下の間の建具にも、窓が付いたタイプがあります。
このような建具にしておくことで部屋にとりこんだ自然の光が廊下まで届き、暗くなるのを防ぎます。


採光の方法は家の間取りや敷地によって変わってきますので、事前にしっかりと周辺環境をチェックし、適切な採光計画を行いましょう!




20坪、30坪のプラン集をプレゼントしています。

平屋住宅に関するご相談はありませんか。
平屋間取り小冊子プレゼント